航空機・宇宙機の飛行力学制御

  • HOME »
  • 航空機・宇宙機の飛行力学制御
  • 落とさない誘導制御技術
航空輸送の増加するなか、事故率は一定の値を保っており、将来、航空機の事故総数が増加することが懸念されています。 そのため、航空機の事故確率を飛躍的に減少でき る新技術を研究開発をしています。具体的には、故障の発生した機体を自動で緊急着陸させる知的な誘導制御則を研究しています。
  • 実機によるオンライン飛行経路最適化

私たちの研究室では航空機のオンライン飛行制御を研究しており、その一環として、飛行中に機上のコンピュータで経路を最適化して誘導を行うという実験を実地しました。実験はJAXAが所有する多目的実証実験機MuPAL-αを用いて行いました。

 

  • ヘリコプターの低騒音飛行経路最適化

リコプタ着陸進入時における地上騒音低減に向けた最適制御の研究を行っています。

  • 機体特性と突風の同時推定実験

私達研究室では、飛行中に故障をおこした航空機を緊急着陸まで安全に 誘導・制御するシステムについて研究しています。その一環として、航空機の機体特性と 突風を飛行中に得られるデータから推定するという実験をJAXAと共同で行いました。

  • アンサンブル予報を用いて燃料消費を最小化する飛行経路設計
アンサンブル予報から見積もった気象予報の不確定性を考慮しつつ、燃料消費量を最小化する飛行経路を設計し、従来の飛行経路と比較して燃料消費の削減量も見積もる研究をしています。
In this study, we plan a fuel optimal route under forecast uncertainty and verifying its practicability. In order to quantify the forecast uncertainty, we use ensemble weather forecast.

 

PAGETOP
Copyright © 土屋・伊藤研究室 -東京大学 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.