複合領域最適設計の研究

  • HOME »
  • 複合領域最適設計の研究
  • スペースプレーンの複合領域最適設計

現在、地球と宇宙を結ぶ輸送機はロケットのみで、私達が宇宙に行くのはまだまだ大変なことです。そのためには、燃料を大量に消費する強力なロケットエンジンを使い、不要になった部分を次々と切り離していく多段式の使い捨て型ロケットを使用しないといけません。これでは、打ち上げ費用と成功率は改善しません。もし航空機並みの費用と安全性を実現できれば、現在では考えられない宇宙利用と産業が出現してくるでしょう。その新しい宇宙輸送機のアイデアの一つが、下図に示すような旅客機のように水平に離着陸して宇宙と地球を往復する「スペースプレーン」です。 私達研究室では宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、このスペースプレーンの成立性と概念設計、およびそれを行うための解析計算手法の研究を行っています。そもそも現在の技術では、宇宙輸送機は使い捨て型でないと成立しないのですから、そうでないスペースプレーンを開発するのには非常な困難が伴います。エンジンの種類,基本的な機体形状等々、どのようなコンセプトなら最も早期に実現できるのか調べています。また,最も成立性が高いスペースプレーンを設計するためには、航空宇宙工学のあらゆる分野の知識を統合し最適化計算手法を活用することが重要です。これら「複合領域最適設計」と言われる計算手法の開発とともに研究を進めています。

PAGETOP
Copyright © 土屋・伊藤研究室 -東京大学 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.